教育業務

15_kyouiku_01_01_1cc.png

強い組織づくりには職場環境の良さが必須条件です。

15_kyouiku_01_01_1tit.jpg

社員教育について

当事務所では次のようなメニューをご用意しています。
その都度会社と打合わせの上、詳細内容や進め方は決定いたします。

15_kyouiku_02_02_tit.png
15_kyouiku_02_02_img.jpg

新入社員は、期待と不安を持って入社してきます。
その入り口で学生生活と社会人としての生活は全く違うものだということをしっかり理解してもらうことが大切です。
何事も始めが肝心。入社式や新入社員教育は、けじめを教える絶好の機会です。そして、会社の期待感を伝える場でもあります。

この教育では、期待される社会人しての自覚と心構えを学んでいただくとともに、挨拶、身だしなみ、接客、電話応対など、社会人としての基本的なビジネスマナーを実技により習得していただく実践的な教育です。


15_kyouiku_03_01_tit.png
15_kyouiku_03_02_img.jpg

忙しい中でも、仕事を通して獲得しなければならない中堅社員としての、基礎と具体的方法を、コミュニケーション能力の向上と問題意識や主体性の強化を図りながら、企業のレベルに応じて研修いたします。


15_kyouiku_04_01_tit.png
15_kyouiku_04_02_img.jpg

管理・監督者は、経営理念・方針を、部下に共有させ、実現させる重要な役割を担っています。

その中には業績達成や部下育成など様々な経営担当者からの期待がありますが、そうした役割と責任について理解し、管理・監督者として行動することを企業レベルに応じて研修いたします。


15_kyouiku_05_01_tit.png
15_kyouiku_05_02_img.jpg

評価を一定期間の業績評価にとどめず、未来へ向けた可能性創造の場面ととらえ、目標設定から評価結果のフィードバックまで、ソリューションフォーカス(解決志向)の考え方を用いた研修プログラムをご提供しています。

人事評価者に求められる役割やスタンスおよび評価やフィードバックにおける留意点などを、各企業に適したケーススタディを多く用いながら実践的に学んでいただきます。


15_kyouiku_06_01_tit.png
15_kyouiku_06_02_img.jpg

右上がりの経済成長が終息し、久しく成長率が鈍化傾向を示している今日、企業によりスリムで効率のよい、足腰の強い経営が今ほど求められる時代はありません。そしてこれを実現させていくカギの一つは『後継者』にあります。

『後継者』の経営に対する考え方、及び具体的な経営戦略や、方針の明確化、更にはその実践ノウハウの習得こそが組織を活性化していく上で、又全従業員がやる気を持って働ける職場環境を実現していくためには極めて肝要なことではないでしょうか。

従業員のやる気を引き出すキーパーソンは『後継者』であり、その『後継者』が管理者と一体となり、部下の適正や能力を十分に把握し、どう活用できるのかが部下のやる気や能力を伸ばし、ひいては会社の業績に大きな影響を及ぼすことになります。

こうした役割を担える後継者を育てるには、今までの経験や感だけに頼る事でなく、科学的な管理手法や育成手法を身につけることが急務であります。そして今こそどのような役割や心構えで、経営者の最も近い代理人として何を習得し、実践し、かつ成果を挙げなければならないのかを学習することが大切となります。


15_kyouiku_07_01_tit.png
15_kyouiku_07_02_img.jpg

営業拡大を成功させるには、企業側のちみつな計画に基づいた「方針」と「営業マン」の育成がカギとなります。
企業方針を正しく伝え、現状の見直しと改善案の探求を行いながら、顧客のニーズに合った営業提案を積極的に行えるようにご指導いたします。


ひとこと
当事務所は原則として社労士事務所なので、元々教育業務は行っていませんでしたが、あまりにも法律では解決できないような従業員トラブル、相談が多いので、教育業務を始めました。そして今では、教育業務はとても効果が高く、社労士事務所の大きな差別化にもなっているので「管理者教育」「後継者教育」までメニューを増やして積極的に力を入れています。
道徳的に問題がある、または、意識の低い従業員に、「法律ではこうなっています」と言ったところで意味はありません。逆に問題を大きくしてしまうケースもあります。「人は法律ではなく、感情で行動しています」これをよく心得ている当事務所に安心して社員教育をお任せ下さい。

実績

年平均10社程度、社員教育のお手伝いをしています。
会社と緻密な打合せの上、じっくり進めていくので大量受注はできませんが、品質には絶対の自信があります。もちろん顧問先からのご依頼は優先的に対応させていただきますが、お待ちいただくこともあります。
申し訳ありませんが、ご理解ください。

foot_inq_ban.jpg