Loading
■労務管理で社員を成長させる!■求人受付が厳しくなる!? ■労務管理で社員を成長させる!■求人受付が厳しくなる!?

■労務管理で社員を成長させる!■求人受付が厳しくなる!?

■労務管理で社員を成長させる!■求人受付が厳しくなる!?

 
 

 
 
2020.03.19
 
 
   

 
 
 
 
  村松 貴通  
 
 
 
  ■■■村松貴通の『労務管理で社員を成長させる!』第241号■■■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このメルマガは、セミナーにご参加いただいた方、弊事務所スタッフと
名刺交換をさせていただいた方等、日頃お世話になっている方々に
配信させていただいております。是非、ご一読いただければ幸いです。
配信停止をご希望の方は、お手数ですが「メルマガの解除」より
解除設定をお願い申し上げます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

労務管理が適正にできていないと、求人票すらだせない時代になりそうです・・

◆今月3月30日から施行
原則、ハローワークや職業紹介事業者は、すべての求人を受理しなければなりませんが、‘睛討法令に違反する求人、∀働条件が通常の労働条件と比べて著しく不適当な求人、5畤夕圓労働条件を明示しない求人のいずれかに該当する求人については、例外的に受理しないことができます。
今回、改正によって、ぐ貭蠅力働関係法令違反の求人者による求人、ニ塾話聴、法人で役員の中に暴力団員がいる者、暴力団員がその事業活動を支配する者による求人、についても受理しないことが可能になりました。

◆求人者に求められる自己申告
職業紹介事業者は、求人者に対して自己申告を求めることができます。ちなみに、「私どもは、この求人申込みの時点において、職業安定法に規定する求人不受理の対象に該当いたしません」と記載された自己申告書が厚生労働省から出されています。
求人者が自己申告を行わなかった場合にも、求人を受理しないことができます。
また、求人者が事実に相違する自己申告を行った場合、都道府県労働局が勧告・公表などを行うことができます。

◆求人不受理の対象となる場合とは?
]働基準法および最低賃金法に関する規定で、1年間に2回以上、同一の対象条項違反により是正指導を受けた場合や、⊃Χ醗堕衙 男女雇用機会均等法および育児・介護休業法に関する規定で、対象条項に違反し、法違反の是正を求める勧告に従わず、公表された場合⇒法違反の是正後6カ月経過するまで不受理となります。
 
企業経営において、労務管理は最も重要な経営課題の一つになりますので、前向きに取り組んでいくことが大切です。

※「2021年4月義務化まであと1年 働き方改革の大本命!同一労働同一賃金対策講座 実践編」開催します!
「労働局の説明会や社会保険労務士のセミナーで法律の内容は大よそ分かったけど、具体的にどのように進めていけばいいのか困っている…」
?そんな会社のための講座です。本講座を機会に御社の賃金制度づくりのスタートをきってください!
https://www.muramatsu-roumu.jp/11790.html

※「今後一層重要視されるパワハラ対策セミナー」開催します!
今年6月、パワーハラスメント防止策が義務化される!
パワハラ防止措置の法制化で 企業に求められる実務対応とは?
https://www.muramatsu-roumu.jp/10735.html

今回も経営者、経営幹部、総務担当者など約9,300名へ配信いたします。

************************************************************* 
 〒434-0014 静岡県浜松市浜北区本沢合829
 社会保険労務士法人村松事務所/(株)浜松人事コンサルタント
   代表社員・特定社会保険労務士/戦略経営MBA 村松貴通
 村松事務所ホームページはこちら
 プロフィールhttps://www.muramatsu-roumu.jp/aboutus/message.html
 ★お申込み、お問合せはメール又はお電話でお気軽にどうぞ。
  メール:info@muramatsu-roumu.jp
  電 話:053−586−5318
 ★メルマガを社内、取引先、ご友人の方へ是非ご紹介ください。
  ただし、専門家の方は無断転載厳禁です。出所を必ず明記ください。
  違反した場合は法的処置をとらせていただきます。
 ★メルマガ相互紹介もしています。お気軽にお問合せください。
*************************************************************

 
 
 
 

 
 

労働契約を円満に終了させるには、どうすればいい?
 
:ビジネス【労働法】
 
 
 
使用者側から申し出て、従業員との労働契約を一方的に終わらせることを『解雇』といいます。 
当然ながらどんな状況でも『解雇』できるわけではなく、客観的に見て『合理的な理由』があり、「社会通念上相当」である必要があります。 
しかし、『合理的な理由』について、法律で明確に定められているわけではありません。 
今回は、どうすれば従業員と円満に労働契約を終わらせられるのか、そのために必要なことについて説明します。
 
詳細はこちら
 
 
 

 
 
 

 
 

ブランドのファンを作るために『ディドロ効果』を利用しよう
 
:ビジネス【マーケティング】
 
 
 
お気に入りのシャツを買った際に、そのシャツに合わせて、靴やパンツなどを揃えたことはないでしょうか。
この心の動きは『ディドロ効果』と呼ばれています。
マーケティングの世界では、ユーザーが『ディドロ効果』を感じるさまざまな仕掛けが考えられており、多くの商品やサービスなどに実装されています。
そこで今回は、商品のブランディングなどにも欠かせない『ディドロ効果』について、詳しく解説します。
 
詳細はこちら
 
 
 

 

 
社会保険労務士法人村松事務所
 
〒434-0014 静岡県浜松市浜北区本沢合829番地
電話番号 053-586-5318
FAX番号 053-586-5579
 
メルマガの解除
 

 
 

PAGE TOP