Loading
浜松人事フォーラム2016 当日の様子

浜松人事フォーラム2016 当日の様子

「労働法の権威」と「資生堂の女性管理職」来たる!
『浜松人事フォーラム2016』を開催しました。

平成28年11月11日(金)に「労働法の権威」である中央大学法科大学院教授・弁護士の山田省三氏と、「資生堂の女性管理職」である株式会社資生堂経営戦略部マネージャーの長谷直子氏にご講演をお願いし、浜松人事フォーラム2016をホテルクラウンパレス浜松にて開催いたしました。

今回のテーマは、各方面からご興味をいただき、総勢100名を超えるご参加により大変活気のあるフォーラムとなりました。

第一部 基調講演

『1万件以上の企業生現場を調査して分かった“いい人材を採用し続ける”企業のつくり方
 ~応募者が来ないときの改善方法&いい人材を見極めるポイント!~』

講師:特定社会保険労務士 村松貴通

基調講演は村松から始まり、近年の労務管理における深刻な人材不足の現状をお伝えし、その対策とポイントについてお話をさせていただきました。

講演後にお悩みを抱えていらっしゃる企業様と具体的な解決策を一緒に考えてほしいというお話もあり、まさに「深刻な人材不足」をいかに解決していくかが今後の企業の生き残りのために不可欠だと感じました。

「女性が活躍する会社ランキング3年連続1位」
 資生堂の働き方改革とは?

  • 自身も会社の制度を活用しながら30代で管理職をこなす経験談
  • 資生堂のようなワークライフバランス実践企業になるポイント
  • 応募者がたくさん集まる魅力的な企業を浜松に増やそう

講師:株式会社資生堂 経営戦略部マネージャー 長谷直子氏

続いて株式会社資生堂の長谷氏からは、ご自身が女性管理職としての立場と子育てとを両立されている経験を基にお話をいただきました。

実際の経験から見る資生堂のワークライフバランスへの取り組みについてわかりやすくご説明いただき、参加された皆様から多くのご質問と、大変勉強になりましたというお声をいただきました。

労務管理で今後企業が考えるべきこと、すべきこと

  • 最近の労働裁判例から見る、企業が必ず守るべき注意点
  • 政府が目指す“同一労働同一賃金”の本当の趣旨とは?
  • 法改正をきっかけに労務管理体制を見直し強い企業をつくろう

講師:中央大学法科大学院教授・弁護士 山田省三氏

最後に中央大学法科大学院教授・弁護士の山田氏から、最近話題の“同一労働同一賃金”の趣旨と、関連する多くの労働裁判例をご説明いただきました。

普段、判例を目にすることはあまりありませんが、過去の判例は今後の労務管理改善や雇用環境整備のための根拠や判断材料として活用することができるかと思います。

このような盛大なフォーラムを開催できましたのは、このたび基調講演をいただいた山田氏、長谷氏と、ご後援いただきました皆様のおかげです。

これから来年1月4日には法人化し、「社会保険労務士法人 村松事務所」となります。顧問先の皆様により信頼され、安心感をお持ちいただけるように勇往邁進していきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP