Loading
SDGs導入支援サービス

SDGs導入支援サービス

御社のビジネスにSDGsを取り入れ、
社会に発信しませんか?

SDGsに取り組み始めた事業所
現場レポート「株式会社JACKカンパニー」へ

SDGs(エス・ディ・ジース)は、2015年9月に開催された国連サミットで全会一致で採択されました。
国連加盟国が2030年をゴールとして、2016年からの15年間で達成するために掲げられた目標のことをいいます。
SDGsを達成することで、少なくとも12兆ドルの経済価値がもたらされ、
最大3億8000万人の雇用が創出される可能性があるといわれております。
近年は、このSDGs(持続可能な開発目標)の概念や目標(ターゲット)に準拠した取り組み、事業活動が急増しております。

2030SDGs
カードゲーム研修のご案内

SDGsには働き方改革も
ワークライフバランスも含まれています!

SDGs > 働き方改革 > ワークライフバランス

既にビジネスの世界で共通言語になっている”SDGs”に取り組むことにより、
次のような効果が期待できます。

  1. 社員の成長
  2. 組織力の強化
  3. 企業価値の向上
  4. 経営リスク回避
  5. 社会信頼性の向上
  6. 生存戦略の向上
  7. 新規事業機会の創出
  8. 業務の向上

世界中の各国政府、NGO、NPO、研究機関、大学などと共に、SDGs達成に向けて
動き始めている企業が増えており、ビジネスのあり方にも大きな変化が起きています。

  • 大企業や自治体も、価格のみでは発注・調達先を決められらなくなる
  • 中小企業も、現在の調達先・取引先から対応を求められることは必至

SDGsに関する6つの誤解

  1. 大企業だけの取り組みで、中小企業には関係ない
  2. 途上国支援のボランティアでしょ
  3. 中小企業には新たに取り組む余裕がない
  4. 中小企業が取り組んだところで大きなことはできない
  5. 良いことをしていれば解ってもらえる
  6. 新しいことをしなくても今やっていることを表現すれば儲かる

SDGsを取り入れた中小企業に起こったこと

  1. 上場企業から直接受注・間接受注が増加する
  2. お客さんに選ばれる
  3. 価格競争に巻き込まれない
  4. 若手の優秀な人材を採用できる
  5. 経営者も従業員も幸せに働くことができる
お問合せフォームはこちらから

お問合せ種別:2030SDGsカードゲーム研修にチェックを入れてください

PAGE TOP